ひやおろし

ひやおろし

夏が終わり秋深まると、日本酒がより美味しく感じる季節。
冷やで燗で、旬の食材と合わせて、秋の夜長に盃がすすみますね。

秋に登場する日本酒「ひやおろし」。その語源は「冷や」のまま「卸す」ことから来ています。
通常日本酒は、冬に醸造されて春先に絞られたあと、殺菌や発酵止めのために二度「火入れ」と呼ばれる加熱処理が行われます。

ひやおろしの火入れは、貯蔵前の一度だけです。
夏の間寝かせた日本酒は、秋になり、外の気温と貯蔵庫の温度とが同じくらいになる頃に、いよいよ登場。瓶詰めの際には、火入れは行われません。
日本酒の温度で常温の意味をさす「冷や」の状態で「卸す」ことから「ひやおろし」と呼ばれています。

味わいの特徴は、絞りたての粗さが取れ、まろやかな丸みが出ています。
時間の経過とともに程よく熟成された日本酒ひやおろし。味わい深い秋の酒です。

全8件
  • 1