恵比寿酒店 > 日本酒 > 【玉水酒造】純米大吟醸 神力 720ml
筑後七国 > 【玉水酒造】純米大吟醸 神力 720ml
筑後七国 > 玉水酒造 > 【玉水酒造】純米大吟醸 神力 720ml
あっさり軽やか > 【玉水酒造】純米大吟醸 神力 720ml

【玉水酒造】純米大吟醸 神力 720ml

【玉水酒造】純米大吟醸 神力 720ml

幻の酒米を復活させた日本酒「神力」 福岡県みやま市高田町の玉水酒造は、福岡の酒蔵の中でも小さな蔵である。定番の「玉水」はちょっと甘めで地元農家らに親しまれてきた清酒。ほとんどの酒が、高田町周辺で消費される。そんな「玉水」を愛でる人たちに「良か酒」として知られたのが「神力」である。幻の酒米を復活させた純米大吟醸酒で、一升瓶換算で年間1000本しかつくられない。昨年の分は早々と在庫切れになった「神力」。恵比寿酒店には、3月末になってようやく、今年のしぼりたてが、到着した。幻の酒米の名前が「神力」。栽培する人が消えてしまった酒造好適米を、玉水酒造の山下茂さんが仲間とともに復活させた。
神力は米粒の50%を磨いて製造し、アルコール添加などしていないから、日本酒のカテゴリーで言えば、純米大吟醸。一般的に、大吟醸という日本酒は、山田錦などの酒米を使うので香りが華やか。いわゆる吟醸香がすごい。神力は山田錦で醸した酒ほど、香りが強くない。そんなこともあって、山下さんは声を大にして、純米大吟醸であることをアピールしていない。でも、ほのかな吟醸香だからこそ、香りが邪魔をせず、米の風味をしっかり味わえる。「神力」は結構すぐに売り切れます。(恵比寿酒店・渡邊精二)

 

原材料:米(国産)・米麹(国産米)

 

原料米:神力100%使用

 

精米歩合:50%

    

アルコール分:16度
 

価格 : 2,400 円(税抜)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • 商品についての問い合わせ