菊美人酒造

菊美人酒造

福岡県みやま市瀬高町にある菊美人酒造は、1735年の江戸時代に創業した酒蔵。福岡県柳川市が生んだ日本を代表する詩人、北原白秋の実姉が嫁いだ蔵です。この道、あめふり、待ちぼうけ、かえろかえろと、からたちの花など…現代にも生きる童謡の多くを作詞した北原白秋。皆さんも子供の頃によく耳にしたのではないでしょうか。
そんな白秋と縁の深い菊美人酒造には、彼の直筆の書や詩歌などが数多く残っており、代表銘柄・菊美人のラベルの文字も白秋が書いたもの。細めの筆文字とは対照的に、濃い味付けの料理にも合うような、しっかりとうま味のある日本酒を造っています。菊美人も大吟醸、純米吟醸、特別純米などさまざまなタイプがあって、味と香りにそれぞれのキャラクターがしっかりと。2017年福岡県酒類鑑評会で金賞を受賞した、ごはん米・つやおとめで作った「特別純米 つやおとめ」もなかなかに面白いお酒です。少しだけ辛口で、ごはん米ならではの濃厚な米の風味は、好きな人にはたまらないものとなっています。 吟醸香と文学の香り漂う素敵な蔵の、個性派揃いの日本酒たち。きっとあなたを飽きさせません。

全9件
  • 1