玉水酒造

玉水酒造

明治11年創業の福岡県みやま市高田町にある酒蔵です。戦時中に一旦休業し、昭和30年に酒造りを再開。代表銘柄は濃厚でしっかりとした味わいの「玉水」。大正から昭和初期にかけて栽培された幻の酒米・神力で醸した純米大吟醸「神力」は一升瓶換算で年間1000本しか製造されない希少な日本酒で、その個性のある味わいはマニアの間で密かなブームとなっています。玉水酒造でつくるお酒のほとんどは地元で消費されるため、福岡市内はもとより、東京大阪などでお目にかかることは少ないそう。まさに地酒。

全6件
  • 1